湖西市鷲津の柴田歯科医院
大正13年新居町船町に歯科柴田医院の開院以来、地元の方々より厚い信頼を頂いております。駐車場10台完備、鷲津駅より表鷲津公園へ向かって徒歩10分。
電話:053-576-4012
メンテナンス・予防処置終了時のフッ化物塗布を無料で行っておりますので、お気軽にお申し付けください。

ブログ

最新の記事

川根茶
2024年06月18日(火)
気になる歯石、自分で...
2024年06月04日(火)
たけのこ掘り
2024年05月20日(月)

カテゴリ別

  • お口のアンチエイジング (4)
  • 検診を利用しよう (4)
  • 歯のお話 (63)
  • 歯周病と全身との関係を重視した治療とは (2)

  • 月別

    お知らせ

    最新の記事

    医療DX推進体制整備
    2024年05月13日(月)
    風邪予防に「かぼす」...
    2023年11月20日(月)
    短歌の心
    2023年10月23日(月)

    過去のお知らせinclude=1歯のお話一覧≫

    ご案内

    静岡県湖西市鷲津1881-3
    広谷ハイツ1F
    TEL:053-576-4012

    診療時間 日祝
    9:30~13:00
    14:30~19:00
    ※土曜日の受付は16:30まで

    当院の診療メニュー
    歯科一般・小児歯科・口腔外科・ホワイトニング・インプラント・矯正歯科・審美歯科・予防歯科・歯周病治療

    早めが肝心!事故などで抜けた歯を戻すための注意点

     

    こんにちは。院長の柴田です。

    海や山にプールなど、
    お出かけする機会が増える楽しい季節ですが、
    そうした場所では
    思わぬ事故や怪我に
    遭遇してしまうこともあります。

     

    いざというときに、
    慌てず迅速に対応することが
    皆さんの健康を守ることに繋がりますので、
    しっかりと準備を行い、
    楽しい夏を過ごしましょう!

     

    そこで今回は、
    「もし事故や怪我で歯が抜けてしまったら
    どのようにすれば歯の生存率を上げられるか」
    ご紹介したいと思います。

     

     

     

     

    ◆抜けた歯を守るカギは
    『歯根膜(しこんまく)』

     

    事故や怪我などで抜けた歯
    元に戻せるかどうかは、
    「歯根膜を守れるかどうか」
    大きく左右されます。

     

    そもそも歯根膜とは、歯の根っこを覆う
    0.3mmほどのとても薄い膜のことです。

     

    歯を支える『歯槽骨(しそうこつ)』と、
    歯の根を結びつけているほか、
    食べものを噛んだり、
    歯に強い力が加わったりしたときに
    その衝撃を吸収する
    クッションの役割も果たしています。

     

     

     

    もし、事故や怪我などで
    不意に歯が抜けたとしても、
    この『歯根膜』が無事なら、
    元の位置に戻せる可能性が高くなります。

     

     

    しかし、
    歯根膜は非常にデリケートなため、
    扱い方を間違えると
    あっという間に失われてしまうのです。

     

     

     

     

    ◆歯根膜が危ない!NG行動

     

    歯が抜けたときに
    絶対にやってはいけないこと、それは

    ・歯の根を持つ
    ・汚れを取ろうとする

    この2つです。

     

     

    まず、抜けた歯を持つときは必ず
    歯の頭(歯冠部分)を持つようにしましょう。

     

    歯の根には歯根膜がついており、
    そこを素手で触ってしまうと、
    歯根膜が傷ついてしまう可能性があります。

     

    また、抜けた歯を
    地面などに落としてしまった場合には、
    汚れを取りたくなるかもしれませんが、
    その際には細心の注意が必要です。

     

    ゴシゴシとこすったり、
    石鹸や消毒液で念入りに洗ったりすると、
    歯根膜まで取れてしまいます。

     

     

    抜けた歯を洗うときには、
    ・歯の頭を持つ
    ・流水で10~20秒以内にサッと洗い流す

    この2つのポイントを必ず守りましょう!

     

     

     

     

     

    ◆「早めの受診」は絶対条件!

     

    歯根膜は乾燥に弱く、
    たったの20分弱で
    歯根膜の生存率は大きく低下する
    といわれています。

     

    そのため、抜けた歯を元に戻すには
    1秒でも早い受診が必要不可欠なのです。

     

     

    しかし、状況によっては
    そんなすぐに歯医者へ行けない…
    という方もいらっしゃるかと思います。

     

    そのような場合におすすめなのが、
    『牛乳』や『生理食塩水』に浸けておくことです。

     

     

    一番おすすめなのは、
    『専用の保存液』に浸けておくことですが、
    近くのお店では手に入らない場合もあります。

     

    その点、牛乳や生理食塩水は
    ご家庭でも用意しやすいため、
    保存液が手に入らないときには
    この2つで代用しましょう。

     

    専用の保存液であれば約24時間、
    牛乳なら約6時間、
    生理食塩水1時間程度まで
    歯根膜の生存率を延ばせる可能性があります。

     

     

     

     

     

    歯根膜がきれいな状態で、
    なおかつ早めに受診できれば、
    歯を元に戻せる確率は
    それだけ高くなります。

     

    歯が抜けてしまった際には、
    適切な方法で歯を保存して、
    可能な限り早く
    歯科を受診することを心がけましょう!

     

     

     

    柴田歯科医院
    〒431-0431 静岡県湖西市鷲津1881-3 広谷ハイツ1F
    TEL:053-576-4012
    URL:http://www.shibata-dc-kosaisi.com/
    Googleマップ:https://g.page/shibata_kosei_shika?gm

    更新日:2023年8月4日

    コメントはありません。

    ▼コメントの投稿はこちら